地球に寄りそうサスティナブル住宅

スクラップ&ビルドをくり返す現代住宅はもう卒業。バレナは次世代に引き継ぐ本物の家造りを提案します。

新しい命に乾杯!

今年もあと1ヶ月いろいろありましたが、私たち夫婦の間でいちばんの話題は、娘が女の子を出産したことでした。「おめでとうございます。おじいちゃんですね」。この言葉には実感が湧かないというか、いまでも戸惑いがあります。

 

東京に出張中へ向かうバスの中、娘の夫から家族LINEで、「産まれました!!!」「2,570gのおなごです」と母子の写真画像を見たときには、久しぶりにソワソワしました。その気持は、26年前に産まれた娘、24年前に産まれた息子に感じたのと同じ感覚。

 

娘の時は総合病院で立会い出産。産まれたばかりの赤ちゃんは、元ボクサーのガッツ石松さんに似ていて、すぐに「ガッツ~」と命名されました。毎晩病院に通って硝子越しの保育室からわが娘との対面。小さい子供が車窓を眺めるようにかぶりついていたのを覚えています。その仕草はいくら見ていても飽きることはなく時間を忘れました。

 

でも母親として育てる自身のなかった妻は、ちょっとブルーで、「もう一日病院にいたい」と、駄々をこねて退院を延ばそうとしました。

 

息子のときは、お正月の真っ只中。早朝連絡を受けて駆けつけると、彼は保温器の中で取り残されたまま。近くに誰もいなくて、急いで青白い息子の姿をビデオカメラに収めていました。後で聞いた話では、息子をとり上げた先生は、当日ゴルフの予定があり、出産後、直ぐに出かけていってしまったとか。

 

今年は仕事の関係でも施主のお子様が数組誕生しました。出産目前の工事打合せは大きなお腹で大変そうでしたが、工事完成後に産まれてきた赤ちゃんを見ると、良かったなと、こっちもうれしくなります。

 

次世代の命は、私たちの家造りの励みとなり、無尽蔵の元気をもらっています。

 

f:id:balena91:20171130213836j:plain

 

広告を非表示にする

見えない力をくい止める

一般社団法人エコハウス研究会の第4回全国大会が新宿で開催されました。その内容は弊社が推奨している「そらどまの家」の事例発表会。工務店設計事務所がたずさわったそらどま体験や、研究者による居住環境データなど、様々な興味深い報告がありました。

 

そのなかで今回新たに発表されたのが「オールアース住宅」の提案。近年国の政策で「断熱」、「省エネ・エコ」「創エネ」などが求められています。そのために関わってくるのが室内の温熱、湿度、空気。さらに考えなければならないのが電磁波の問題です。

 

快適な住空間を実現するためには。温熱、湿度、空気、さらに電磁波のバランスが重要。これらを含めて、健康を維持していこうというのがオールアース住宅です。

 

電磁波は目に見えませんが、過敏症で健康への悩みを持つ方が多いと言います。パソコンが普及し始めた約20年前、勤務していた工務店では、妊婦のために電磁は対策用のエプロン着用をしたり、新築住宅の建物の中心に直径1メートルの穴を掘り、その中に炭を埋設して巨大な炭素棒を造って、磁場を安定させたりしていました。

 

電化製品の普及により、生活は便利になりましたが、この50年間で電気使用量は10倍急増して、その副作用としての電磁波の影響も考えなければいけない時期にきています。

 

家電による直接的な懸念もありますが、もっと対処しなければいけないのが、屋内配線。この20年間でその量は5~6倍にまで増えているそうです。オール電化住宅の普及もあり、コンセントの数も4倍になっていますが、日本の場合、100V電源は欧米のようにアース付のタイプ少ないのが実情です。

 

そんななかで、エコハウス研究会では電磁波対策への取り組みをはじめました。弊社でも健康な生活をおくるために「オールアース住宅」を広めていきます。

 

f:id:balena91:20171031220247j:plain

日常生活で感じるピュアな感動

「夜はほんとうに静か。外に出ると、木の枝が折れる『コトッ』という音が聞こえるんです」。「その上、星の数の多さにびっくり」。この夏、弊社で安曇野の別荘地に家を建てたご夫婦は、新鮮な驚きを隠しきれない様子。

 

都会から弊社を訪れる方は、打合せ室から見える田園風景を眺めると、口々に「安曇野っていいですよね」という話題になります。

 

私が初めて安曇野にやってきたのは、35年前。今と変らず田んぼが広がり、夜になると満天の星。水と空気が「オイシイ」くて、心と体をリフレッシュさせてくれました。

 

それから10年後、安曇野に移住しましたが、その感動は今では当たり前になっていて、時々、県外からの方々の話で、あらためて気づかせてくれます。季節の移り変わりは、少しずつですが日ごとに変化し、いつの間にか稲刈りも終わりました。

 

9月連休明けの台風一過の早朝、いつも通り愛犬と散歩をしていると、どんよりしていた有明山に太陽が降り注ぎ、薄暗さの中から大きな弧を描いた虹が広がっていました。私の記憶のなかでは、この景色は20数年の中で3度目。

 

写真を撮ろうとカメラを取りに急いだのですが、途中でその色彩は拡散してカタチを失いかけてしまいました。仕方なく諦めて散歩を続行。

 

すると再び太陽の光が強くなり、新たに七色の光が浮かび上がりました。今度は愛犬とダッシュで家に戻り、カメラでフレームに収まるベストポジションを探しながら、畦道をウロウロ。

 

腰を屈めたり、背伸びをしたり。撮る位置によって虹や山の形が変化します。夢中になっているうちに再び光の曲線が途切れてきて…。

 

ほんの一瞬、自然の美しさと儚さを感じさせる出来事でした。

 

f:id:balena91:20170930194204j:plain

↑虹の上にもう一つ薄らと降り注ぐ光のライン。Wレインボー?

 

戦後生まれの日本の家

「日本の街は住宅が途切れない」。ある外国人旅行者が、新幹線の車窓からの眺めたときの感想。特に東京の過密さには驚かされます。高層ビルから見る夜景は、その明りのすべてに人が住んでいることに不思議な感じがします。

 

戦後の焼け野原から国の住宅政策がスタートします。昭和25年の住宅金融公庫設立から、融資基準で50㎡以下の小さな家に光が当てられます。それはその後「ウサギ小屋」と呼ばれる日本の住宅に影響をあたえているのかもしれません。

 

東京・竹橋にある東京国立近代美術館では、「日本の家 1945年以降の建築と暮らし」を開催しています。戦後の「日本の家」を広く理解してもらうために、2016年秋からローマ、ロンドンを巡り、この度、東京で10月29日まで行われています。昨日、訪ねてみました。

 

館内には日本の建築家56組・75件の住宅が400点を超える模型や図面、写真、映像などで紹介されています。建築家はこの世界では有名人ばかりで、作品も過去に雑誌やTVなどで取り上げられたものばかり。

 

建築を志した学生時代から、「これが住宅?」、「こんな素材でも家ができるんだ」など、驚きと疑問のお馴染みの作品が、時代の経過とともに展示され、興味深く見学しました。

 

建築家が何を考え、時代をどう捉えていたのか。ファッションでいえば、奇抜なオートクチュールのようなものかもしれませんが、そこにはクライアントの思いを記号化して独自のカタチを表現しています。

 

最近は経済効率を最優先して、使用している建材や設備機器がどこも変わり映えしない。住宅の性能は日々進歩していますが、画一化されて特徴がなくなっているのも事実です。

 

東京の街を俯瞰していると、北アフリカにある迷路のようなメディナに見えたりして、エネルギッシュを感じますが、時々悲しい気持にもなります。

 

f:id:balena91:20170901092806j:plain

↑館内には清家清設計の「齋藤教授の家(1952年)」の原寸大模型が展示

 

f:id:balena91:20170901093404j:plain

↑建築家・菊竹清訓氏の自邸スカイハウスの模型

コンクリートパネルの家は手ごわい

ハウスメーカーがコンクリートパネルで組み立てる家は、「火に強い」、「地震に強い」、「風雨に強い」…など、頑丈で長持ち。安心かがあります。

 

建築コストはかかりますが、その分耐久性があり長い目で見ればお得なのかもしれません。最近縁あって、築20年のコンクリートパネル住宅のリフォームをしました。工事はユニットバスと洗面化粧台の入れ替え。

 

木造住宅では何度も経験しているのですが、コンクリートパネルの家は、水廻りでは2度目。通常は建ててもらった住宅会社にお願いするのですが、これが結構な金額になってしまうそうです。

 

現地調査に行くとまず驚いたのは、家じゅうの壁や天井に張り巡る配線。これはIHクッキングヒーターやセキュリティシステムなど設備機器の導入で、後工事したときに天井や壁に隠すことができないために見えてしまう配線モール。

 

「これ何とかできませんか?」。そんな施主の希望から、古い図面と格闘しながら四苦八苦。収納棚ひとつ取り付けるにも、木下地かコンクリートの壁なのか、それによって施工方法が変ります。

 

木造住宅では、床下や天井に点検口を設けるので、それを利用して配線や配管するので、比較的ラクにできます。それがこの住宅では床下にもぐるために、100mmのコンクリート床パネルに穴を開けます。

 

手間暇かかるので、リフォーム業者で工事を断るところも多いそうです。実際、弊社でも電気屋さんで「こういうの得意じゃないから」とお断りされました。

 

「コンクリートパネルの家」は、「気難しいオジサン」のようだ。一瞬、私の頭に閃きました。それは「どちらも融通が利かない」。

 

契約後に施主から「うちで建てたメーカーに依頼した見積り金額は、おたくの契約金額の1.5倍でしたよ」と言われ、その大変さを今頃になって感じています。

 

f:id:balena91:20170730163459j:plain

↑既存のユニットバスを解体して新規にリフォーム

リフォーム工事で‥‥、意外な発見!

私事ですが、3週間前から自宅のリフォーム工事をしています。メインは外壁塗装工事。今年で築21年目をむかえる我が家では、自宅についてはほとんどノータッチ。恥ずかしながら「紺屋の白袴」で、初めて屋根と外壁を塗りました。

 

外壁は杉の羽目板材で、板はツルツルに仕上げていない裏面を表面に。新築工事の時、まず家族で刷毛を使って塗りました。幼かった娘と息子、ふたりにはその記憶はほとんどないようですが、私と妻とは、家造りのいい思い出になっています。

 

裏面にザラザラ面を使ったことにより、塗料がスポンジのように吸い込みました。「この家は小さいけどネタがふつうの家の3倍もかかった」。そんな職人さんの呟きを、妻は今でも覚えていました。

 

そのためか20年以上経っても杉板は、紫外線影響された南面、雨水が跳ねる北面の基礎まわりの一部以外は、それほど傷んでいません。外装に羽目板を使うと腐りやすいというイメージがありますが、意外でした。

 

屋根材はガルバリウム鋼板(アルミニウム-亜鉛合金めっき鋼板)。板金屋さんによるとこの頃から、材料が良くなってきたそうです。退色してはいますが、錆が浮いていることもなく安心しました。

 

最近のガルバリウム鋼板は、塗膜15年保証がふつうになり、塗替えは遮熱塗料を希望される施主様が多くなってきました。住宅で使われる建築材料は日々進化しています。これからは、なるべく経済的な負担がかからないような、家を建てることが求められてきます。

 

リフォームというのは、住みながらの工事なので、施主様のストレスをできるだけないようにするのも重要です。工事期間中、「今日は大工さんが来なかった」、「外壁の塗装が塗れていないところがある」、「明日、塗装屋さんが来るから、それまでに玄関前の板をはっておかないと…」など、妻は毎日、逐一工事内容を報告してくれます。

 

そういえば、一緒に旅行に行くときは、行きたい場所を完璧に調べて、分刻みで最短でまわれるスケジュールを組んでくれます。場所や方向が違ったり、予定を変更するのも、それはそれで旅の醍醐味ではないかと思うのですが。

 

現場管理をする場合、工程表に基づいて、建材の受発注や工事の段取りをするのは必要不可欠。妻の話を聞いているうちに、現場管理はどちらかといえば女性のほうが向いているかもしれない、と感じる今日この頃です。

f:id:balena91:20170630223509j:plain

↑外壁塗装の工事中、窓廻りに養生をしたため、我が家の愛犬は外が見えないとふて寝

時代はめぐりめぐって……

「ゆとりでしょ? そう言うあなたは バブルでしょ?」

 

第30回サラリーマン川柳で、1位を獲得したこの句は、いまの若者とその親世代をよくあらわしています。

 

バブル時代(1986-1991)は、とにかくみんなが浮かれていました。高給取りでない若者も高級ブランドの服を着て、彼女と高級レストランで食事し、買い物は高級志向で高いものから売れていく時代でした。

 

株や不動産の高騰で、経済拡大が行われ、このままずっと青天井なのではないかと錯覚していました。幼なじみの友人が、2000万円で買った中古マンションを8000万円で転売した、いま考えると異常な事態でした。

 

私はこの時期すでに30代でしたが、バブルを経験している人たちは、「ゆとり世代」の

親世代になりました。ゆとり世代のような堅実ではなく、楽しいことに夢中になり、ふわふわと過ごしていました。

 

バブルで大儲けした工務店の社長さんで、当事のことが忘れられなくて夢をもう一度という方がいましたが、今では遠い過去の出来事です。

 

バブル崩壊後の5~6年間は住宅着工棟数が伸びています。この頃ローコスト住宅が売れ始めました。坪単価30万円というチラシが踊っていました。それと比較すると今の住宅は高いと指摘する方がいます。

 

今と較べると20年前の住宅は、確かに安い。でもよく考えてください。内容をみてみると、建物のグレードが上がっています。たとえば、20前はアルミサッシのシングルガラスが主流でしたが、現在では樹脂サッシでガラスは、ペアやトリプルの断熱ガラスに変ってきました。

 

断熱気密も高性能になり、耐震性能は度重なる震災により、筋違いや金物で強度を高めています。さらに住宅に瑕疵があったときのための瑕疵保険制度の義務化。また、消費税が3%から8%に上がっています。2000万円の住宅を購入した場合、それだけでも100万円多くかかります。

 

ゆとり世代は、デフレで給料もなかなか上がらず、前途多難。それだけにバレナは、末永く暮らせる、次世代に愛される家を。ゆとり世代がゆとりで暮らせる家を思案中です。

f:id:balena91:20170529204201j:plain

 ↑安曇野子育てガイドブック