地球に寄りそうサスティナブル住宅

スクラップ&ビルドをくり返す現代住宅はもう卒業。バレナは次世代に引き継ぐ本物の家造りを提案します。

壊す家、残す家

7年前、松本市里山辺にある民家を二棟改修工事しました。その建物は隣どうしで、一棟は築40数年、もう一棟は築120年を越える古民家でした。

 

建築の仕事をはじめた頃、改築工事の打合をすると、「建物一部屋だけ残してもらえませんか?」という依頼がありました。当時、私は「せっかく建替えるのだから中途半端に残すより新しくしたほうが、きれいで使い勝手もいいのに」と思っていました。

 

それが里山辺の改修工事で、考え方が変りました。

 

築40年の建物は、大屋根の和風住宅。キッチン、風呂などの水廻りは古く、断熱材はほとんど入っていない状態。しかも基礎コンクリートは無筋、筋かいもなく今の建築基準法の耐震性能を満たしていません。

 

工事は骨組みだけを残して、基礎補強、筋かい施工、床、壁、天井に断熱材を充填しました。

 

建築中は離れに住んでいた、施主様と密に打合せができました。建物を取り壊していると、「この廃材はオヤジが勤めていた工場から、リヤカーに積んで一緒に運んできたものだ」と、ふっと思い出して懐かしい表情になりました。

 

育った家には思い出がいっぱい詰まっている。前の家にその痕跡を少しでも残せたらという気持があります。

 

築120年の古民家では、建物を見て直ぐ「これは残さなければいけない」と感じました。真夏でも涼しい土間、年期のはいった太い柱や梁…。懐かしさと安心感。

 

古民家は戦後の住宅とは異なり、建物の骨格となる構造躯体がごつくて頑丈です。戦中時、近くに焼夷弾が落ちて建物は揺れましたが、ほとんど影響はなかったそうです。そういえば、改修工事中に中部地震が発生した時も、その場にいた大工さんは大きな地震があったと気がつきませんでした。

 

古民家には住んでいた人たちの思いが沁み込み、長い歴史があります。

 

先日、合掌造りで知られる世界遺産、「越中五箇山・相倉合掌造り集落」を訪ねてきました。車で東海北陸自動車道五箇山ICから約20分。山深い道を走ると、こんなところに集落があるのか不安になります。途中、急勾配の坂道を上ると緑の中に家屋が点在する相倉集落が見えてきます。

 

この集落は閉鎖的な環境のなかで特殊な生活様式が生まれたそうです。合掌造の建物は屋根勾配60度、正三角形の切妻。釘や鎹を使わず、丸太を荒縄やネソという植物で結わえた特殊な建築工法です。

 

里山の自然に調和していて美しい。日本文化として後世に残していかなければならない。

 

この集落には23棟の集落が現存していますが、そこでは田畑を耕し、食事処や民宿などで生活を営んでいる。そんなところに魅力を感じます。

 

f:id:balena91:20180430154202j:plain

世界遺産・相倉合掌造り集落

f:id:balena91:20180430154411j:plain

↑屋根は60度の急勾配。外部建具の窓は障子貼り

f:id:balena91:20180430154737j:plain

↑小屋組は丸太を荒縄で結わえた特殊工法

 

 

 

広告を非表示にする

FujisawaSSTは未来住宅のカタチ?

神奈川県藤沢市あるFujisawaサスティナブル・スマート・タウン(FujisawaSST)を見学してきました。

 

ここはパナソニックの工場跡地を利用して開発した「街づくりプロジェクト」。東京ドーム4個分、約6万坪の敷地に1,000世帯ほど,約3,000人が生活する街で、住宅建設は現在も進行中です。

 

見学前はゼロエネ住宅の分譲地で、太陽光発電システムと蓄電池を装備している家というようなイメージしか持っていませんでしたが、街のなかには商業施設や健康・福祉・教育などの公益施設、公園や街区も計画されています。

 

商業施設は「湘南T-SITE」。中央通路にツタヤ書店が出店し、両サイドに書籍に関連する業態の雑貨屋、レスラン、ブティック…などが並ぶ。120mの通路は通称「マガジンストリート」呼ばれているそうです。

 

街には医療、看護、介護、薬局などが連携する「シームレスサービス」を提供。健康増進のためのイベントを開催したり、保育所、学習塾、学童保育などの「生きる力」のベースとなる支援サービスもサポートしています。

 

新たな試みとしては、電気自動車(EV)や電動自転車のシェアリングサービス。自宅のテレビやスマートフォンから、空き状況確認や予約ができ、効率的に利用できます。また非常時には電力の供給手段として、集会場にあるEVとV2Hコンセントを開放。貴重なエネルギー源として役立ちます。

 

住宅はパナソニック三井不動産が分譲。太陽光発電システムと蓄電池のほかに、50インチTVが標準仕様。TVはシェアリングサービスやイベント情報収集などのツールとしても利用でき、自宅にいながらにして子供が公園で遊んでいる様子を防犯カメラで見ることもできます。

 

パナソニックをはじめとするパートナー企業と藤沢市の官民一体の共同プロジェクトは、住民や近隣住民が主役になって参加できるコミュニティ活動をスタートしています。住民との親睦を深めるウェルカムパーティ、防災イベント、暮らしのアイデアを出し合うタウンミーティング…。

 

FujisawaSSTは自治組織とタウンマネージメント会社による街づくりです。昔はご近所さんや隣組でのつながりは、会社として運営しないと成り立たないことに少し寂しさを覚えます。

 

また欧米の街並みのように、歩いていてわくわく感がない物足りなさもあります。

 

f:id:balena91:20180331201544j:plain

↑湘南T-SITEはライフスタイルの提案がいっぱい

 

f:id:balena91:20180331201936j:plain

↑EVでカーシェアリング

 

f:id:balena91:20180331202050j:plain

三井不動産の分譲住宅。売値は6,000万円くらいとか

日本の住宅のゆくえ

ある取引業者さんから、賃貸アパートの空き家が増えていることを聞きました。古くなると入居者が減り、ゴーストタウンのようになると、借り手が見つかりません。家主さんは仕方なく家賃を値下げし、管理会社は家賃保証で四苦八苦しています。

 

最近都会のほうで家賃保証をできなくなって倒産した、という管理会社がありました。松本や安曇野でもアパート経営が厳しくなると、「建て替えましょう」とローン返済がまだなのに、残金をチャラにするからと、新築を持ちかける事業者がいるそうです。

 

最初は「入居者がいなくなって、だまされた」と言っていた家主さんも、いつの間にか契約書にサインをしていたなんていうことも聞きます。ローン期間が延長になり、より負担額が増えることを気がついていないかのように。

 

先週、東京で知合いの設計士の方と話をしていると、都内でも戸建ての空き家が多くなってきているという話しがでました。子供たちが家を出た後、夫婦ふたり暮らしになり、どちらかが亡くなると、最期には介護施設にはいる。そこで、住んでいた家は空き家に。

 

都下にある私の実家は50年前、団地の建設ラッシュで急激に人口が増えました。その時、家を建てて都内から引っ越してきた私は小学4年生になり、転校生でしたが、同じ転校生がクラスの1/3もいました。転校生という特別扱いをほとんどされなかったのを覚えています。

 

その後、10年間で小学校が4校増え、中学校は1学年9クラスありました。公園や校庭、河川敷では子供たちの声が絶えませんでした。

 

それが50年後の今日、通っていた小学校は廃校になり、近所の団地は高齢者ばかり。建て替えの話がでていますが、その説明会の出席者は80歳代ばかりで、3年後、5年後の未来よりも、現状のままでいいという話になるそうです。

 

その一方で、近くに大手ディベロッパーが造成した建売住宅には、若い世代の家族ばかりが集まり、ひとつのコミュニティをつくっています。

 

同じ地域のなかに、高齢者とヤングファミリーのエリアがはっきり棲み分けされている。そのアンバランスに不自然さを感じます。50年後には、この建売住宅も空き家になってしまうのでしょうか?

 

f:id:balena91:20180228192654j:plain

↑春が待ちどうしい! 早く来い

弾丸シェムリアップ

 

3泊5日という弾丸スケジュールで、世界遺産アンコールワットのあるカンボジアシェムリアップに行って来ました。

 

カンボジアは1970年代ポルポト政権下で、多くの人たちが犠牲になりました。思想改造の名の下に、医師、教師、公務員、芸術家、資本家などの良識者が、強制収容所へ送られて、虐殺され、その死者は100万~200万ともいわれています。

 

当時、週刊誌のグラビアで、アンコールワットが銃撃されているようすを見ました。弾痕が痛々しくて、悲しくて、何時の日かこの地が平和になったら、ぜひ訪ねてみたいと思っていました。

 

今回、妻と一緒でしたが、ふたりだけの海外は27年ぶり。お互いに歳をとり、亜熱帯気候のなかでまる一日、遺跡群を見学するのはハードですが、その分ホテルのベッドでぐっすり眠れる心地よさは、久しぶりでした。

 

アンコール遺跡群については、ガイドブックを読めばわかるので、シェムリアップの住宅事情について書きます。住宅は高床式で、1階の柱が2階の建物の荷重をすべて支えています。

 

日本の木造住宅の場合、1階に筋かいなどの耐力壁をとらないと、構造計算上クリアしませんが、ここでは一切ありません。現地の人に聞くと、地震がないので考えていないとか。

 

高床式は風通しがよく高温多湿の地域に適しているといわれます。それ以外に、雨季に起こる川の氾濫を防ぐ、蛇や獣の外敵から身を守ることなども、その理由だそうです。

 

昔は椰子の葉で壁を覆っていましたが今は板壁。1階の柱はコンクリートの支柱が多くなっています。日本でいえばウッドデッキなどで使う沓石が、そのまま伸びて柱になったようなもので、郊外に出るとそれを売っている店があります。

 

住宅は家族で造る。私たちのような専門業者には依頼せずに、木材や建材も自分たちで調達。建築費は10,000ドルから20,000ドルくらい。一般的に家族が多く、例えば、遺跡を案内してくれたガイドさんの家では、7人兄弟に両親を含めて15人で住んでいました。

 

1階は米の貯蔵や自転車を収納する物置き場で、子供、ニワトリやイヌの遊び場にもなっています。料理は外のかまどで作り、肉は家畜のブタやニワトリ。

 

かつて日本にもあった、素朴な日常生活が見られます。

 

f:id:balena91:20180131203901j:plain

↑コンクリートの柱で建てた高床式住宅

 

f:id:balena91:20180131204119j:plain

↑1階は子供たちの遊び場。ハンモックでシエスタ

 

f:id:balena91:20180131204304j:plain

↑椰子造られた高床式住居

 

 

既成概念を打ち砕け

この度、年末にホームページをリニーュアルしました。

 

弊社の家造りをダイレクトに伝えるために、その冒頭で、住まい手が心地よく暮らせる「くうきを創る」を提案しています。

 

それは日々の生活の中で、「家族とのほんわか触れ合うリビング」だったり、「真冬どこにいても温かい空間」だったり、ダニやカビの原因となる結露のない「呼吸する家の提案」だったり…、空気感を大切にしたい、という考えからです。

 

住宅展示場めぐりをしていると、最新の住宅事情がわかり,とても参考になります。でも、何件もまわっていると、断熱気密性能はこの家のほうが高いとか、設備はこちらのほうが便利だとか、較べる基準がそういうところに目がいってしまって、「これがスタンダード住宅」と、つい勘違いしてしまします。

 

弊社では、ほんとうに自分が住みたい家は何なのかを、住まい手の思いを聞きながら一緒に考えていきます。

 

話しは変りますが、20代のころよく外国旅行に出かけました。時代はバブル景気のまっただなか。忙しい日々でしたが、あたりまえのようなレールを敷かれた毎日に、疑問を感じて飛び出したのです。日本という国が華やかなで楽しかったけれど、窮屈でした。

 

それが異国に行くと、列車は平気で遅れるし、親切心で網棚に荷物を乗せてくれたと思ったらお金を要求され、社会主義の国ではホテルの部屋がガラガラなのに満室だと言われました。日本の常識が通用しない世界。

 

アラブの世界ではカフェに行くと、男性だらけで現地女性は皆無。街を歩くと女性はアバヤという民族衣装を身にまとい、忍者のように顔をまで覆っている人たちも。男性社会だから保守的…?! それなのにディスコでは、派手な格好で陽気に踊っていたりする。想像と違う。

 

最初は苛立ちもどかしさが多かったのですが、その国の空気に身をおくと、しだいに力が抜けて気持が軽くなりました。かしこまって肩肘を張らない。

 

来年はそんなニュートラルな感覚で過ごしたいものです。

 

f:id:balena91:20171231202047j:plain

↑今年最期の引渡し物件

 

f:id:balena91:20171231202203j:plain

↑今年12月に上棟した白馬の別荘地

 

新しい命に乾杯!

今年もあと1ヶ月いろいろありましたが、私たち夫婦の間でいちばんの話題は、娘が女の子を出産したことでした。「おめでとうございます。おじいちゃんですね」。この言葉には実感が湧かないというか、いまでも戸惑いがあります。

 

東京に出張中へ向かうバスの中、娘の夫から家族LINEで、「産まれました!!!」「2,570gのおなごです」と母子の写真画像を見たときには、久しぶりにソワソワしました。その気持は、26年前に産まれた娘、24年前に産まれた息子に感じたのと同じ感覚。

 

娘の時は総合病院で立会い出産。産まれたばかりの赤ちゃんは、元ボクサーのガッツ石松さんに似ていて、すぐに「ガッツ~」と命名されました。毎晩病院に通って硝子越しの保育室からわが娘との対面。小さい子供が車窓を眺めるようにかぶりついていたのを覚えています。その仕草はいくら見ていても飽きることはなく時間を忘れました。

 

でも母親として育てる自信のなかった妻は、ちょっとブルーで、「もう一日病院にいたい」と、駄々をこねて退院を延ばそうとしました。

 

息子のときは、お正月の真っ只中。早朝連絡を受けて駆けつけると、彼は保温器の中で取り残されたまま。近くに誰もいなくて、急いで青白い息子の姿をビデオカメラに収めていました。後で聞いた話では、息子をとり上げた先生は、当日ゴルフの予定があり、出産後、直ぐに出かけていってしまったとか。

 

今年は仕事の関係でも施主のお子様が数組誕生しました。出産目前の工事打合せは大きなお腹で大変そうでしたが、工事完成後に産まれてきた赤ちゃんを見ると、良かったなと、こっちもうれしくなります。

 

次世代の命は、私たちの家造りの励みとなり、無尽蔵の元気をもらっています。

 

f:id:balena91:20171130213836j:plain

 

広告を非表示にする

見えない力をくい止める

一般社団法人エコハウス研究会の第4回全国大会が新宿で開催されました。その内容は弊社が推奨している「そらどまの家」の事例発表会。工務店設計事務所がたずさわったそらどま体験や、研究者による居住環境データなど、様々な興味深い報告がありました。

 

そのなかで今回新たに発表されたのが「オールアース住宅」の提案。近年国の政策で「断熱」、「省エネ・エコ」「創エネ」などが求められています。そのために関わってくるのが室内の温熱、湿度、空気。さらに考えなければならないのが電磁波の問題です。

 

快適な住空間を実現するためには。温熱、湿度、空気、さらに電磁波のバランスが重要。これらを含めて、健康を維持していこうというのがオールアース住宅です。

 

電磁波は目に見えませんが、過敏症で健康への悩みを持つ方が多いと言います。パソコンが普及し始めた約20年前、勤務していた工務店では、妊婦のために電磁は対策用のエプロン着用をしたり、新築住宅の建物の中心に直径1メートルの穴を掘り、その中に炭を埋設して巨大な炭素棒を造って、磁場を安定させたりしていました。

 

電化製品の普及により、生活は便利になりましたが、この50年間で電気使用量は10倍急増して、その副作用としての電磁波の影響も考えなければいけない時期にきています。

 

家電による直接的な懸念もありますが、もっと対処しなければいけないのが、屋内配線。この20年間でその量は5~6倍にまで増えているそうです。オール電化住宅の普及もあり、コンセントの数も4倍になっていますが、日本の場合、100V電源は欧米のようにアース付のタイプ少ないのが実情です。

 

そんななかで、エコハウス研究会では電磁波対策への取り組みをはじめました。弊社でも健康な生活をおくるために「オールアース住宅」を広めていきます。

 

f:id:balena91:20171031220247j:plain